忍者ブログ
ネトゲしたり、落書きしたり適当な日記。現在はネトゲ氷河期のせいか更新が滞りがちです。 IEでの閲覧はブログパーツ類が吹き飛ぶので非推奨です…ってなんかおかしいな。直す予定はめんどくさいからあんまりないです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


みなさんこんばんは、くしゃるです/ ,' 3  `ヽーっ

突然ですが、これを見てくれ。こいつをどう思う?
be24434f.jpg










うぴゃああぁぁぁこんなのPS3で出るとか聞いてないぃあいcfじゃひいいぃぃぃぃいいx
むぉやぁあぁああうじぇもいああdmあふぁfgふぐた


ハンドガン
ショットガン



マシンガン


ハンドガン・ショットガンと同じく、様々なガンシューティングゲームに登場する武器カテゴリー。
バイオハザード5においても大抵のゲームと同じように、その特徴はずば抜けた連射性能と単発の威力は低いものの瞬間火力の高さである。

しかし高速で弾丸を連射するという特性上、敵が死亡した後も数発続けて撃ち続けてしまい、リザルトの命中率が下がりやすいという欠点がある。
それに加えフルオートで連射することによるリコイルの反動によって照準がずれていくため、更に命中率の低下に拍車を掛けることになる。
リザルトランクにこだわるプレイスタイルの場合はなかなか使いどころを見つけることは出来ない。

…かと思うとそうでもなく、マジニに対してはハンドガンと同じヒットストップを与えられる為、一発だけ部位を狙って射撃→体術を繰り出すことで、ハンドガンよりもはるかに燃費の良い戦闘をすることが出来る。
いざとなれば命中率を捨てて乱射することも出来るため、有効な手ではある。

ちなみにバイオ5でのマシンガンは、厳密にはサブマシンガンとアサルトライフルに分かれるが、作中ではすべてを総称してマシンガンとしている。


VZ61
8f237ae2.jpeg




ストーリー序盤で手に入る、スコーピオンの愛称で有名なSMG。
別ゲーの話になるが、これを蟹HSの入門用にした方も多いのではないだろうか。
連射時の照準のブレが最も少ないマシンガンで、ある程度の改造回数までならば1マガジン分を撃ちきるまで連射し続けても大きく照準がずれることはない。(流石に100発以上になってくると話は変わってくる)
また、唯一クリティカル率を改造できるマシンガンでもあり、二段階改造を施すことが出来る。
このため前述のハンドガン代わりにマシンガンを用いる戦法に比較的向いていると言える。

欠点はお察しの通り威力の低さで、部位を狙撃せずにこれだけで戦おうとすると弾の消費が供給を明らかに上回る。
これは全マシンガンで共通の特徴だが、VZ61は特に顕著である。
2~3点バーストで頭部をクリティカル狙い、緊急時にフルオートで周囲の敵をひるませるといった使い方が効果的。



H&K MP5
www20.atwikai.jp.jpg




ストーリー序盤で手に入る、各国の特殊部隊にも制式採用されているH&K社の傑作である。
管理人の電動ガンコレクションの一つでもある。どうでもいい\(^o^)/
当時の風潮として「サブマシンガンは精度は二の次、とにかく連射性と製造コストを切り詰める」というものがあったが、このMP5はそういった風潮とは真逆の考えのもとに設計されている。
が、その反面所謂エリート構造なため砂や泥や血液にまみれることになる戦地ではジャム(弾詰まり)や故障が多く敬遠される。

話がそれまくったが、ゲーム中での性能は可もなく不可もなくといった印象。
唯一貫通性能を付与することの出来るマシンガンであり、最大で2体の敵を貫通させることが出来る。
もちろん木製の盾も貫くことが出来るため、盾持ちの敵に薙ぎ払うように連射すると楽しい。
反動による照準のズレも比較的少ないため扱いやすい部類に入るサブマシンガンだろう。

ちなみに本来サブマシンガンは拳銃弾(9mmパラベラム)との互換性が非常に重要というかむしろそれが売りなのだが、今作ではハンドガンの弾をMP5に用いることは出来ないし、その逆も同様。



AK74
www20.atwiwki.jp.jpg




ストーリー終盤で手に入るマシンガン。
間違ってもAK-47ではない。
AK74はAK-47を全面的に改修・整備した後継型であり、AK-47のシンプルな構造・堅牢性はそのままにより高い射撃精度を実現している。
しかし外見上は殆ど変らないので、AKマニアの方は十分コレでも楽しめる。

AKは登場する殆どのゲームで「高威力・低精度」の象徴になっており、バイオ5もまた例外ではない。

マシンガンとしては破格のダメージの弾丸を連射できるため、瞬間火力については何も言うことがない。
が、連射時の照準のズレが全マシンガン中最も大きく、とてもフルオートでまともに当て続けることはできない。
自分で3点バーストに調節し、反動をを鎮めてやることで性能を最大限に発揮することが出来るだろう。
ちなみに「フルオートはフルオートで撃たない」は色々なガンシューでのセオリーなので、無意識的にやってしまっている方も多いのでは。



SIG 556
www20.adtwiki.jp.jpg




近未来的なデザインが一部に人気の、終盤で手に入るBSAA制式採用のマシンガン。ちなみにSWATも制式採用。
M16系とマガジンに互換性があり、主に特殊部隊によって用いられる室内戦だけではなく、野戦での取り回しも意識して制作されている(実際はアメリカではAR市場は当時M16系の寡占市場であったためにそうせざるを得なかった)。

ゲーム中での性能は特別な能力が無い代わりに全体がそつなくハイエンドにまとまっているタイプであり、装弾数・威力・装填速度全てが1位~3位に分布している。
装填速度が非常に速いマシンガンで、万が一敵がひるんでいない状態で撃ち尽くしても保険がきく。
wikiにも記述されているが、最大速度のリロードはまさに職人技であるため一見の価値あり。

照準のズレはAKより少ないもののやはりアサルトライフルであるため、フルオートで弱点に当て続けるのは厳しい。
AKより若干弾数を欲張っても大丈夫だが、やはり手動でバーストすると使い易い。
ちなみに意識してバーストの弾数を調節しないと、いつの間にかほぼフルオートになってたりするので慣れないうちは自分自身にトリガーハッピーの素質があるのかと疑いたくなる。

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[416] [415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [406
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
Ruku
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1992/08/16
職業:
学生
趣味:
ネトゲ
自己紹介:
何か言いたいことがあればこちらまで。
bloody08yu☆yahoo.co.jp
☆は@に変えてくださいね。
たまーにしか見ないので、返事が無くてもしばらくお待ちくださいλ....
最新コメント
[10/25 るく]
[10/25 南無]
[10/06 るく]
[10/05 シャルニア]
[09/30 るく]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]