忍者ブログ
ネトゲしたり、落書きしたり適当な日記。現在はネトゲ氷河期のせいか更新が滞りがちです。 IEでの閲覧はブログパーツ類が吹き飛ぶので非推奨です…ってなんかおかしいな。直す予定はめんどくさいからあんまりないです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


みなさんこんばんは、くしゃるです。

この話何度目かわからないですが、くしゃるの働かせてもらってるお店には可愛い子供たちがよく来ます。
自然とニヤけ笑顔が溢れるってものですよ。

お姉ちゃんが妹の注文を一緒に聞いてあげてるとかもうやばい。
会計の時にお母様が「ほら!早く(優待券を)出しい!」ってその子に怒ってるのを見ると、ついついこんな可愛い娘さんにそりゃないでしょう?って言いたくなる。

お帰りになった後もついつい思い出しニヤけが出てしまって、先輩や店長に最近いいことあった?って聞かれるんだけど、まさか今さっきあったとは言えない。



くっそぉぉぉぉぉぉめっちゃ悔しい!悔しい!ビクンビクン

なんか、今日有志の方が企画されたPvP大会があったらしくて、あったらしくて…。
それを知ったのは、午前0時過ぎにインして、ちょうど終了したところでしたとさ。

あーうー。


ほんとくやしい、誰得だとは思うけどこうやって気持ちを吐き出さないとほんとに寝れない( ゚ω゚ )
しゃるにんがいたので大分ぐちぐち言ってしまって正直申し訳ない、けどたぶん頑張って抑えてたので許して/ ,' 3  `ヽーっ

しかも9vs9だよ、9vs9。
なにが起きるか分からない乱戦で、見えないとこからこっそりバキューンしたり、後ろからバサカに吹き飛ばされたり、まとめてサラに焼き払われたり、ウォリスレにコロコロされてレ○プされたり、もうすごく楽しそうじゃんー。

自分が活躍してるビジョンが最初の一個しか浮かばない上におそらく実現しないけど、それでも楽しそうじゃん。
仲間意識と敵対意識が入り混じった、チーム戦独特のあの感覚を知らない人と味わえるとか!


例えば、例えば戦場でのお話!
拠点までの移動中、ソロ行動はどう考えても自殺行為だから味方と複数人で行動すると思うんですが
拠点での戦闘中に次々死亡して、復活時に三人場所がかぶったとするじゃないですか。

で、三人で拠点まで戻るわけですが、その最中に一人が敵のアチャに撃ちぬかれてHP半分に。慌てて見てみれば先ほどの戦闘で死亡した敵がリスポーン地点を重ねたらしく、5人くらいぞろぞろやってくる。
この状況で、戦闘状態になって移動速度の落ちた味方を見捨てて拠点へ急ぐ戦略的措置か、九割九分全滅するけど応戦するか、ってすごく熱い駆け引きだと思う。
この場合だと、前線にはこちらの味方が多くいると推測できるので、回復職がいてすぐに態勢を建てなおし粘れそうなら拠点制圧までの時間稼ぎを、そうでなければ潔く犠牲となってもらうかになるわけですが…。

仲間意識ってものが働いて、そこまで打算的に行動できる人ってそうは居ない。ここがまた面白いところなんだよねー。


しかもグループ決闘の良いところなんだけど、戦闘フィールドのチョイスがすごくよかった。
戦場だと二種類しかないもんね、使い回しでいいから大都市とか森とかの一部を切り抜いて使えるようにして欲しい。

欲を言えば、キルハウスみたいな完全に戦場に特化したステージがあってもよさそうだけどね。
四隅の小部屋+中央の大部屋を、連絡通路で結んだような構成の、ところどころ証明が点滅してるような視界の悪いステージ。
こういうステージがあれば、アチャスレの数が勝負を決めるだなんて揶揄されることもないんじゃない?

ステージ選択をランダムにしちゃえば、「どのステージでもそこそこ戦える構成」を組む必要があるから、範囲攻撃に乏しいアチャスレばかり入れてても狭い場所での乱戦で圧倒的に不利になるし。

ついでだけど外壁を金網とか塗り固めたコンクリートにしてくれると「勝つか負けるか」って感じの死闘の雰囲気がでてなおよし。
閉鎖空間に放り込まれてどちらかが死ぬまでそのままだぞーって言われる展開って多いけど、毎回テンション上がってるよ。


こういう妄想だけはどんどん出てくるよ、ウン。実際作るのはどれだけ大変かしらないけど、偉そうに言うことはできる。



ちょっと心が落ち着いてきました、ふぅ…。
次こそは絶対PvPイベント逃さないように、毎日公式のBBSチェックすることに決めました。

…いや、くしゃるのカリスマではとてもじゃないけどイベント運営なんてできないです/ ,' 3  `ヽーっ
自分から動こうとせずに勝手なこと言って申し訳ないけど、やっぱ素質ってあると思うんだな。
だからイベントを企画して運営してってできる人ってすごいと思うし、ぜひぜひ頑張って欲しい。もちろん体を壊さない範囲で。



韓国OBTの戦場動画その2。
グラボが古いらしく描画遅れが結構ありますが、雰囲気はそこはかとなくわかりますね。

開発スタッフって荒野好きなの?ってくらいこのゲーム荒野多いよね。
見た目とは裏腹にダークな世界観なので、それを忠実に再現しているのかもしれないですけど。

ちなみに動画主はバサカさんです、がんばれ。
2:42のポポリがイケメンすぎる。

あと、4:07のランサーがリーシュを使うシーンが非常にかっこいい。
孤立している敵を巻き取る→囲んでボッコの流れが鮮やかだった、安定してこの動きができればランサーにも居場所はありそうな気もするけど…。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[476] [475] [474] [473] [472] [471] [470] [469] [468] [467] [466
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
Ruku
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1992/08/16
職業:
学生
趣味:
ネトゲ
自己紹介:
何か言いたいことがあればこちらまで。
bloody08yu☆yahoo.co.jp
☆は@に変えてくださいね。
たまーにしか見ないので、返事が無くてもしばらくお待ちくださいλ....
最新コメント
[10/25 るく]
[10/25 南無]
[10/06 るく]
[10/05 シャルニア]
[09/30 るく]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]